縄文うるしパークとは

「埼玉に漆を植える会」の活動拠点

2019年より休耕地を開墾して、ウルシを中心に縄文の植物と工芸用作物を育てています。

メンバーに縄文好きが多いことと、縄文遺跡に隣接していることにちなみ

「縄文うるしパーク」と名づけました。

ただの漆畑にとどまらないチャレンジと遊びの場として活用しています。

(埼玉の蓮田市近隣市町村では縄文時代の漆が発掘されています!)


Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。