埼玉に漆を植える会

漆との関わりが少ないと言われている埼玉県。

ここで漆作家がいきなり漆の木を育ててみることになりました。1人では大変なのでSNSで声をかけたら漆文化や自然が好きなメンバーが集まってくれました。活動を続ける中で「埼玉に漆を植える会」という形になりました。

漆畑「縄文うるしパーク」や他の活動を通し、埼玉で漆文化への理解者を増やしたい。漆産地ではないけど人が多い埼玉。小さな会で手探りなところも多いですが、埼玉では単純に漆の木を増やすだけでなく、ここから漆の理解者を増やすことが全国の漆・漆器産地にプラスになるという思いで活動しています。


主宰 加藤 那美子(埼玉県蓮田市在住漆作家)

概要

目的:

日本の伝統工芸である「漆」の活性化支援動を軸とした伝統技術・地域資源の有効活用について取り組む為、以下の事を行う。

(1) 漆の植栽活動を行い、漆工芸継続の支援・地域資源の有効活用に取り組む。

(2) 次世代への伝統文化の認知拡大を行う。

(3) 本会の取り組みを通じて、産業分野の垣根を越えた交流の場を提供し、新たな工芸文化の発展を模索する。


発足:2019年

連絡先:jomon.urushipark@gmail.com

会則